借金地獄から抜け出す術の一つに

借金地獄から抜け出す術の一つに債務整理が考えられます。
債務整理には3パターン(任意整理、民事再生、自己破産)があり、総じて債務整理と呼びます。
さらに過払い金請求も債務整理の一種とする場合もあります。
全て異なる手続きになっていますので、十分に吟味して現在の事情に適した方法はどれか選んで、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを超える利率での貸付が頻繁に見られました。
金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。
現時点では利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。
これを過払い金請求と言います。

信用情報機関に事故情報が記録されることを言う通称ブラックリスト入りと、自己破産、もしくは、個人再生の場合は官報に個人情報が載ってしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。
と言っても、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、日頃から官報を確認しているような人は極めて少数です。
なお、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってかなりの厄介事となる事態は否定できません。

弁護士または司法書士に債務整理を請け負ってもらおうという時、用意が必要なのはまず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから現時点の借入状況がわかるものをありったけです。
他にも、所有している資産の証明となる書類も必要になることがあります。
たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが出てこなくても、調べられないことはないのでまだ諦めるのは早いです。

もう生じてしまっている利息と将来利息をつけずに返済を元金だけに絞る方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。
債権者と談判して、話がまとまったならば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、月ごとの返済額も減らせます。
もし元金も減額してもらわないと返済が困難な人は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。
元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。
任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、概して借りている元金を減らすことはできません。
かたや民事再生では裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

信用情報機関によって管理されている事故情報(俗にブラックリストとも呼ばれる)の中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、債務整理をするのにどんな方法を選んだかで変わります。
もし、任意整理、個人再生、特定調整をした人なら概ね完済から約5年のようです。

自己破産のケースでは裁判所によって免責の判断が下りてから7年ほどを見ましょう。
けれども、目安としか言えないので、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば間違いないでしょう。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず決めなければならないのは引き受けてもらう弁護士ないし司法書士をどこの事務所にするかではないでしょうか。
一般的な事務所なら初回相談は無料で行えます。

無料相談で顔を合わせて話をすれば、相手が信頼に値する担当者かはっきりさせることが出来るはずです。
それから、法テラス(法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関)でも無料で相談に乗ってもらえます。

必要な申請や手続きを行い始めたなら、できる限り早期の解決を求めたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。
とは言え、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまではそれなりの期間を要します。
債務整理がどういった方法で行われるのか、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、もしくは独力で全て手続きするのかなどでも要する期間は変わってきます。

大方、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物と思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。
通常は払わなくても良かった利息の分が戻ってくるだけですから、それが完済につながったとすれば事故ではないだろうという事なのです。
しかし、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

弁護士に借金解決の無料相談