多重債務の借金を一本に

数年前に多重債務で調停を行い、借金を一本にまとめた知り合いがいます。

多重債務の原因は不明ですが、何かにお金を注ぎ込み、不足すると新たな消費者金融から借金をするというものであったといいます。
家族もおり、最初の内は罪悪感があったといいますが、次第に借りることに抵抗が無くなってゆくのだそうです。

当時は幾つもの消費者金融のカードを持っていたと言いますが、返済しないと借金はどんどん増えていってしまいます。
気が付くと二進も三進もゆかなくなり、一時は破産宣告しようと考えたようですが、諸事情もあって調停で話し合って整理したといいます。
この間に作った消費者金融のカードにハサミを入れ、現在はおまとめ一社に集約させたといいます。

しかし、極限に追い込まれても、年月を経るにしたがってその考えも薄れてしまいがちです。
何かの折にお金が必要となった時、借金グセが再び頭をもたげてこないとも限りません。

簡単にお金を借りられる事に麻痺してしまうと、お金という感覚が喪失するともいいます。
自身は不必要な借金はしないというポリシーですが、知人の話は他山の石としようと思います。

専業主婦になってからの数年間は、自分の退職金や失業手当でなんとか生活していましたが、それも底をついてきました。
のんきな私は子供が産まれてからの生活がどれだけお金がかかるのかわからず、今まで13年間正社員で自分の給料はまるまる使える生活に慣れてしまっていたので、お金使いの荒さはなかなか治らず・・・
それで今までやってきてしまったので、お金はどんどんなくなっていき、いまは自分もパートに出ていますが後悔の嵐です。

子供が幼稚園に上がったときにこちらの地区は公立がなくて私立なので毎月3万円程保育料がかかります。
入園するにも事前に6万円払ったりと本当に万単位のお金が飛んでいくので本当に苦しかったです。
ようやく子供が小学生、頑張って働くぞと思った矢先に妊娠出産になり、また1からになりました。

当然また幼稚園に入るので家計は火の車になってしまいます。
今の私のパートの稼ぎでは当然間に合わず、次男が入園する頃に月謝が捻出できるのだろうかと不安でいっぱいで眠れない毎日です。

私の姉は浪費家です。
一週間で3回以上は、通販で買ったものが家に届きます。

いつも代引きで、母が料金を払います。
服を買ってもすぐに売りにいったり、友達にあげたりします。
可愛かったからという理由だけで、サイズが小さくて履けない靴を買ってきたこともありました。

そんな姉ですが、自分では倹約家だと思っているみたいです。
私が暖房をつけると、電気代がもったいないと言います。
姉はお金がなくなると彼氏からお金を借ります。
そのことが原因でトラブルになり、結局母が姉の彼氏にお金を返します。

金融機関で借りたお金も、最終的には母が払います。
姉は母に借金をしたことを反省して、もう二度としないと言います。
けれどすぐにたくさん買い物をして、結局借金をします。

お金を借りるという行為に抵抗感がないみたいです。
姉は借金をしても、最終的には母が助けてくれると思っているんだと思います。
だから同じことを何度も繰り返すんだと思います。
自分に甘く他人に厳しい姉の借金癖は、一生なおらないと私は思います。

私は、元々現金主義でした。
というのも借金をしてしまったら我慢する事を忘れ借りては返して借りての繰り返しの人生になると思っていたからです。
私は意志が弱いとわかっていたんです。
現金だけだとしっかり計画を立てお金が無くなってきたら引き締めるそれしか方法がないので頑張れるんです。

しかし、ある理由をきっかけに借金をしてしまいました。

最初は使うのも気をつけ早く返そうと自分の中で強く思っていたのですが、一度借りてしまうと理由をつけては借りて給料日に返す事が日常化してしまいました。
お金に困ったら借りればいいそんな風に簡単に思い簡単に借りてしまうんです。

返しては借りているので、まったく返済ができません。
むしろ返す額より借りる額の方が大きい月もあり明細を見てはため息をついてしまいます。

今年に入ってちゃんと返そうと決意して借りるのを我慢していたのですが、そう言う時にまとまったお金が必要になるんです。

最近借金の額が少し減っていたのでもっと頑張ろうと思っていた矢先で必要で借りたお金以外にまた無駄遣いをする為に借りてしまっている自分がいます。

完璧借金癖がついてしまいました。
借金がなかった時代どうやって我慢していたんだろうと思い出せないほどです。

癖を直すのは大変なのはわかっています。
でもこの借金癖から開放されたいので少しでもいいので癖を直してお金に悩みたくありません。

一度借金癖がついてしまうと中々治す事は難しいものです。
実際に私もクレジットカードを持っていた時には借金癖が付いていました。
欲しいものがあると直ぐに購入をしてしまっていたのです。
翌月にアルバイト代が入るから、とりあえず欲しい物を今買っても大丈夫だろうなと思っていました。

しかし、問題点はお金を返済できるかどうかということではなく、借金をしても何も感じないと思ってしまうところにありました。
つまり借金癖がついていたのです。

欲しい物をがあった時に、通常はお金がないとそれを手に入れることはできません。
しかし、クレジットカードを持っていればすぐにそれを購入することが出来るのです。
つまり、我慢をするということができなくなってしまうのですよね。

我慢をすることはあらゆることに対して大切であります。
我慢ができなくなったら人間はおしまいなのではないでしょうか。
欲しいものは沢山ありますけれど、それを全て手に入れても楽しいということはないのです。

任意整理の弁護士費用が気になる場合はまずは無料相談を。
【参考】任意整理 無料相談