借金地獄から抜け出す術の一つに

借金地獄から抜け出す術の一つに債務整理が考えられます。
債務整理には3パターン(任意整理、民事再生、自己破産)があり、総じて債務整理と呼びます。
さらに過払い金請求も債務整理の一種とする場合もあります。
全て異なる手続きになっていますので、十分に吟味して現在の事情に適した方法はどれか選んで、満足いく借金の債務整理を行いましょう。

出資法に基づき、昔は利息制限法の定めを超える利率での貸付が頻繁に見られました。
金利が利息制限法の上限以上かつ出資法の上限未満の貸付をグレーゾーン金利と呼んでいます。
現時点では利息制限法に定める上限以上の金利では非合法となります。

したがって、グレーゾーン金利での貸付を受けていた人であれば、債務整理をする事で本当なら払わずに済んだ分の利息が戻ってくるかもしれません。
これを過払い金請求と言います。

信用情報機関に事故情報が記録されることを言う通称ブラックリスト入りと、自己破産、もしくは、個人再生の場合は官報に個人情報が載ってしまうことが債務整理をすることによるマイナス面と言えるでしょう。
と言っても、いくらか時間が経てば事故情報の記録は消去されますし、日頃から官報を確認しているような人は極めて少数です。
なお、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってかなりの厄介事となる事態は否定できません。

弁護士または司法書士に債務整理を請け負ってもらおうという時、用意が必要なのはまず身分証明書と印鑑、持っているクレジットカード、それから現時点の借入状況がわかるものをありったけです。
他にも、所有している資産の証明となる書類も必要になることがあります。
たとえ契約書が残っていないとしても、クレジットカードが出てこなくても、調べられないことはないのでまだ諦めるのは早いです。

もう生じてしまっている利息と将来利息をつけずに返済を元金だけに絞る方法が、債務整理のうち任意整理と呼ばれる方法です。
債権者と談判して、話がまとまったならば、利息が免除される分、支払総額が減りますから、月ごとの返済額も減らせます。
もし元金も減額してもらわないと返済が困難な人は、別途個人再生という方法をとって債務整理を行う事になります。

債務整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。
元金が減額されるかどうかというのが両者の違いです。
任意整理については債権者と債務者が話し合うことで将来利息を免除して返済総額が決められ、月ごとの返済をしていく方法で、概して借りている元金を減らすことはできません。
かたや民事再生では裁判所に返済計画を提出することが求められ、認めてもらえた場合、元金が減額され、残っている金額の返済を行うことになります。

信用情報機関によって管理されている事故情報(俗にブラックリストとも呼ばれる)の中の債務整理の情報はいつになったら消えるのかというと、債務整理をするのにどんな方法を選んだかで変わります。
もし、任意整理、個人再生、特定調整をした人なら概ね完済から約5年のようです。

自己破産のケースでは裁判所によって免責の判断が下りてから7年ほどを見ましょう。
けれども、目安としか言えないので、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば間違いないでしょう。

月々の借金の返済がにっちもさっちもいかず、そろそろ債務整理をしようかと考え出した方がまず決めなければならないのは引き受けてもらう弁護士ないし司法書士をどこの事務所にするかではないでしょうか。
一般的な事務所なら初回相談は無料で行えます。

無料相談で顔を合わせて話をすれば、相手が信頼に値する担当者かはっきりさせることが出来るはずです。
それから、法テラス(法律に関する問題で困っている人を支援する公的機関)でも無料で相談に乗ってもらえます。

必要な申請や手続きを行い始めたなら、できる限り早期の解決を求めたいという思いが債務整理を考えている人皆さんの中にあることでしょう。
とは言え、借入金の免除ないし減額といった処置が認められるまではそれなりの期間を要します。
債務整理がどういった方法で行われるのか、司法書士や弁護士などエキスパートに手続きしてもらうのか、もしくは独力で全て手続きするのかなどでも要する期間は変わってきます。

大方、債務整理をするにはブラックリスト入りが付き物と思われる方が多いですが、債務整理の中で過払い金請求はただ一つブラック入りすることのない方法です。
通常は払わなくても良かった利息の分が戻ってくるだけですから、それが完済につながったとすれば事故ではないだろうという事なのです。
しかし、たとえ過払い金があろうが金利を引き直した結果としてまだ残債があるのならば、それはすなわちブラックになります。

弁護士に借金解決の無料相談

債務整理をしても家族が負担を負う可能性は低い

もし、債務整理を行っても、家族が負担を負う可能性は低いです。
本人以外の家族が持っている財産はそのままで大丈夫ですし、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなるようなことはありません。
けれども、もし保証人が家族の名義になっている場合は、全く事情が異なります。
債務整理をした本人の借金が、保証人である家族に降りかかりますから、家族が苦しい思いをすることになります。

任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、その他の債務整理は、基本的にすべての債務を一度に整理します。
任意整理は、主に、相手方との交渉で進んでいくので、強制的に和解交渉を進めることはできません。
司法書士や弁護士などの債務整理のプロが間に入った方が上手くいきやすいのですが、もし、弁護士などに依頼するのなら、債務の詳細をすべて申告しましょう。
申告漏れがあると、後からその事実が伝わった時に、信頼関係が壊れてしまうでしょう。

当然のことですが、債務整理の対象は債務者の債務と財産です。
そのため、結婚を控えていても気にする必要はありません。
債務整理をしたからといって、配偶者もブラックになることは絶対にありません。
ただ、債務整理をしたことを婚約者に隠したまま結婚すると、後に大きな問題に発展しやすいですから、債務整理の事実を婚約者に正直に伝えてから実際に結婚に進んだ方が良いと思います。

増えすぎた借金を任意整理で整理した場合、債権者と和解交渉で減額された金額を返済していきます。
この最中にお金にゆとりが出た場合には、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をするといった対応が取れるでしょう。
この時、任意整理の際に頼った弁護士事務所などがあれば、自らが債権者に返済計画の変更の問い合わせるよりも、担当の弁護士などから行ってもらう方が良いでしょう。

当時は家族に借金のことを隠していましたから、任意整理で借金を処分する予定でしたが、借金が膨大な金額になっていて結果的に個人再生以外の方法がありませんでした。
車は生活仏需品でないということで手放さなければならなかったのですが、住宅を残しておけただけでも嬉しかったですね。
借金の負担が大幅に軽減されましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、今は気持ちも落ち着いています。

情けない話ですが、複数の貸金業者を利用した結果、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。
勤めていた会社が倒産したことが大きな要因です。
当時は不況で、新たな職場も見つけられず、貯金がなくなってしまい、キャッシングを利用しました。
少し経ってから今の会社で働けるようになりましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、最終的に債務整理で借金問題を解決しました。
今現在は完済し、安定した生活を送っています。

普通、債務整理の際には専門家に依頼すると思いますが、お金が必要になります。
返済が行き詰ったから債務整理するのに、そんなお金はないと不快な気持ちになる人も多いのですが、ボランティアではありませんから、割り切りましょう。
ですが、こちらの事情を汲み、分割や後払いでもOKなところもあります。
はじめにしっかりと相談するようにしましょう。

当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。
その一つが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。
これによって、一定の期間は金融機関からのローンや借り入れができなくなってしまいます。
具体的な期間についてですが、どのような債務整理の方法を選択するかによってブラックリストに載っている期間が約5年間から10年間と違うことに留意しておきましょう。

実際に債務整理を行う人の中には、うつ病を抱えてしまい、借金を借金で返すような負のスパイラルに陥ったというケースも珍しくありません。
仕事に行けずに、返済ができなくなったり、遣り繰りできなくなった生活費のために借金するうちに多重債務者になっていたということは、なかなか言い辛いことですから、辛い思いを一人で抱え込みやすいと言えます。
このような問題からうつの症状がもっと酷くなるといったケースもあるようです。

借金が膨らみ、自己破産や個人再生をしたのであれば、その事実と氏名と住所が官報に公告されるでしょう。
あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、自己破産の場合だと二度、個人再生をした場合は三度掲載されます。
公告期間は1ヶ月あるのですが、一般家庭に配布されるものではありませんから、知り合いに閲覧される心配は、ほとんどありません。
ちなみに、任意整理の場合は100%掲載されません。

多重債務の借金を一本に

数年前に多重債務で調停を行い、借金を一本にまとめた知り合いがいます。

多重債務の原因は不明ですが、何かにお金を注ぎ込み、不足すると新たな消費者金融から借金をするというものであったといいます。
家族もおり、最初の内は罪悪感があったといいますが、次第に借りることに抵抗が無くなってゆくのだそうです。

当時は幾つもの消費者金融のカードを持っていたと言いますが、返済しないと借金はどんどん増えていってしまいます。
気が付くと二進も三進もゆかなくなり、一時は破産宣告しようと考えたようですが、諸事情もあって調停で話し合って整理したといいます。
この間に作った消費者金融のカードにハサミを入れ、現在はおまとめ一社に集約させたといいます。

しかし、極限に追い込まれても、年月を経るにしたがってその考えも薄れてしまいがちです。
何かの折にお金が必要となった時、借金グセが再び頭をもたげてこないとも限りません。

簡単にお金を借りられる事に麻痺してしまうと、お金という感覚が喪失するともいいます。
自身は不必要な借金はしないというポリシーですが、知人の話は他山の石としようと思います。

専業主婦になってからの数年間は、自分の退職金や失業手当でなんとか生活していましたが、それも底をついてきました。
のんきな私は子供が産まれてからの生活がどれだけお金がかかるのかわからず、今まで13年間正社員で自分の給料はまるまる使える生活に慣れてしまっていたので、お金使いの荒さはなかなか治らず・・・
それで今までやってきてしまったので、お金はどんどんなくなっていき、いまは自分もパートに出ていますが後悔の嵐です。

子供が幼稚園に上がったときにこちらの地区は公立がなくて私立なので毎月3万円程保育料がかかります。
入園するにも事前に6万円払ったりと本当に万単位のお金が飛んでいくので本当に苦しかったです。
ようやく子供が小学生、頑張って働くぞと思った矢先に妊娠出産になり、また1からになりました。

当然また幼稚園に入るので家計は火の車になってしまいます。
今の私のパートの稼ぎでは当然間に合わず、次男が入園する頃に月謝が捻出できるのだろうかと不安でいっぱいで眠れない毎日です。

私の姉は浪費家です。
一週間で3回以上は、通販で買ったものが家に届きます。

いつも代引きで、母が料金を払います。
服を買ってもすぐに売りにいったり、友達にあげたりします。
可愛かったからという理由だけで、サイズが小さくて履けない靴を買ってきたこともありました。

そんな姉ですが、自分では倹約家だと思っているみたいです。
私が暖房をつけると、電気代がもったいないと言います。
姉はお金がなくなると彼氏からお金を借ります。
そのことが原因でトラブルになり、結局母が姉の彼氏にお金を返します。

金融機関で借りたお金も、最終的には母が払います。
姉は母に借金をしたことを反省して、もう二度としないと言います。
けれどすぐにたくさん買い物をして、結局借金をします。

お金を借りるという行為に抵抗感がないみたいです。
姉は借金をしても、最終的には母が助けてくれると思っているんだと思います。
だから同じことを何度も繰り返すんだと思います。
自分に甘く他人に厳しい姉の借金癖は、一生なおらないと私は思います。

私は、元々現金主義でした。
というのも借金をしてしまったら我慢する事を忘れ借りては返して借りての繰り返しの人生になると思っていたからです。
私は意志が弱いとわかっていたんです。
現金だけだとしっかり計画を立てお金が無くなってきたら引き締めるそれしか方法がないので頑張れるんです。

しかし、ある理由をきっかけに借金をしてしまいました。

最初は使うのも気をつけ早く返そうと自分の中で強く思っていたのですが、一度借りてしまうと理由をつけては借りて給料日に返す事が日常化してしまいました。
お金に困ったら借りればいいそんな風に簡単に思い簡単に借りてしまうんです。

返しては借りているので、まったく返済ができません。
むしろ返す額より借りる額の方が大きい月もあり明細を見てはため息をついてしまいます。

今年に入ってちゃんと返そうと決意して借りるのを我慢していたのですが、そう言う時にまとまったお金が必要になるんです。

最近借金の額が少し減っていたのでもっと頑張ろうと思っていた矢先で必要で借りたお金以外にまた無駄遣いをする為に借りてしまっている自分がいます。

完璧借金癖がついてしまいました。
借金がなかった時代どうやって我慢していたんだろうと思い出せないほどです。

癖を直すのは大変なのはわかっています。
でもこの借金癖から開放されたいので少しでもいいので癖を直してお金に悩みたくありません。

一度借金癖がついてしまうと中々治す事は難しいものです。
実際に私もクレジットカードを持っていた時には借金癖が付いていました。
欲しいものがあると直ぐに購入をしてしまっていたのです。
翌月にアルバイト代が入るから、とりあえず欲しい物を今買っても大丈夫だろうなと思っていました。

しかし、問題点はお金を返済できるかどうかということではなく、借金をしても何も感じないと思ってしまうところにありました。
つまり借金癖がついていたのです。

欲しい物をがあった時に、通常はお金がないとそれを手に入れることはできません。
しかし、クレジットカードを持っていればすぐにそれを購入することが出来るのです。
つまり、我慢をするということができなくなってしまうのですよね。

我慢をすることはあらゆることに対して大切であります。
我慢ができなくなったら人間はおしまいなのではないでしょうか。
欲しいものは沢山ありますけれど、それを全て手に入れても楽しいということはないのです。

任意整理の弁護士費用が気になる場合はまずは無料相談を。
【参考】任意整理 無料相談

追証につぐ追証で借金

もともとギャンブル好きだったこともあり、株ブームの時に株取引を始めたのが始まり。
金利の低い信販系のカード会社から300万円借りて、それを元手に取引を始めた。
1年後には500万円に増えていたので、これは儲かると思ったんです。

この頃から安定した銘柄への投資をつまらんと感じるようになり、仕手株に手を出すことに。

絶対もうかるからと部下から200万円、銀行から100万円借りて、さらに勝った金を合わせて800万円投資したんです。
この賭けは大当たりで1年で1500万円までいったんです。
でも、億を見ていた自分にとってはあくまで通過点。

飲み屋で会ったオヤジの怪しげな情報を基に取引したりと、ハイリスクハイリターンを狙っていました。

ところが、その後のライブドアショックの余波で買値35万円だった株が1万円台に落ち込むなど、手持ちの銘柄ほとんどが暴落。
毎日200万円の損害が出るんです。
3日で当時の年収分です。

さすがに、こんな大暴落は続かないと思ったので、追証がくるたびに絶対に手を出さないでおこうと誓っていた、金利29%の消費者金融から借りてつぎ込む日々。
最終的には9社から限度額いっぱいまで借りてつぎ込んでも下げに追いつかず、残ったのは空の証券口座と借金1300万円だけでした。

今の一日の食事は200円。
炊飯器を会社に持ち込んで飯を炊いて、ふりかけをかけて食べてます。
もともと家賃は5万円のアパートに住んでいるし、借金は気合と根性でなんとかなるもんです。

さすがに一時期、ヤミ金で金を借りた時には取り立てがひどくて精神的にまいってしまいましたけど・・・
どんなにお金に困ってもヤミ金からは絶対に借りない方がいいです。
体験者談です。

それに、金がなくて遊べないので仕事ばっかりしていたら昇進してしまいました。
年収も800万円に上がったんです。
借金も悪いことばかりじゃないですね。

借金をあと3年で完済して、また借りられるようになったら、もう一勝負するつもりです。
まわりから貯金もした方がいいとか健康に気を使った方がいいとか言われていますが、今はそれよりもまたFXの相場に戻りたい気持ちが強いですね。
今は取引はできないですけど、チャートだけ見て予想したりしているんですけど、これが結構当たるんです。

まあ今度は借金で首が回らないほど金はつっ込まないつもりだし、ヤミ金みたいなところからも借りるつもりはありませんが。

マンションを購入してから、18年という月日が流れ、その間に、リビングやトイレ、洋室の改装をしたのですが、室内の広さを出したくて、リビングの壁を白っぽくした為に、随分汚れも目立ち始め、この際、和室等含め、キッチン等の水廻り全てをリフォームしようかと思ってはいるものの、なかなか決断がつきかねています。

これからの夫婦二人の老後の生活考えた時に、二人とも、入院や他に何が起こるかもわからないと思うと、わずかな貯金であっても、残すほうが良いのか、少しは使ってよいのかと・・・
使うとすれば、いくら位ならば可能なのかと・・・

というのも、テレビの経済評論家の話によると、最低、老後は、2000万円近くは持っていなければならないとの事で、今の社会情勢を考えると、年金は、我々の親達の時代とは異なり、徐々に減ってきているようで、それらをあてにして、生活は出来なくなるのではないかという不安ばかりが募って、どうしても、リフォームに着目しかねています。

そんな不安の中で、ただ一つわかっているとすれば、これからの老人達も健康で、出来る限り、働く場が必要で、金銭を得ながら、生活すべきであるという事だけです。
参考:ヤミ金 無料相談
URL:http://www.comunidadetalk.com/

借金癖がある人たちに共通の2つの特徴

私の両親はある種の人に寄りつかれやすい体質の持ち主です。
それはズバリ「借金癖のある」人たちです。

両親の兄弟から始まり、遠い遠い縁続きの親戚のような人まで、様々な人たちが両親にお金を借りにやってきました。
このような人たちを見ているうちに、借金癖のある人たちには2つ、共通の特徴があることに気づきました。

まず彼らは、人の都合などおかまいなしに押しかけてきます。
これから晩御飯を食べようとしている時や、慌てている時を狙ったかのようにやってくるのです。
人に考える余裕を与えないようなタイミングでです。

そして、なかなか帰りません。
たとえ深夜になろうと、お金を借りるまでは帰らないのです。
最後には両親も根負けしてよくお金を貸していました。

次に彼らは弱いフリをしながら実際は脅してきます。
例えば「あなたがお金を貸してくれなければ自分達は首をくくるしかない」というようなことを言ってくるのです。
完全に人のせいにするのです。実際に首をつったりすることは絶対にないのですが、おどし文句でこの様なことを言うのです。
人の良い人であれば同情して貸してくれることが彼らには本能的に分かっているのかもしれません。

借金癖について

借金というものは、一度してしまうと癖になるものです。
友人に借りたり、親類にかりたりとどうしても借りることに関する抵抗感が薄れてきてしまいます。

そんな事を続けているうちに、友人や親類だけではとどまらず、ちょっとした事からお金をかりてしまいます。
自分の許容範囲の間ならまだ良いのですが、ギャンブルやショッピングなどに無限につぎ込むお金を消費者金融や金融会社に借りるようになったらかなり問題は大きくなります。
そういった業者は商売で行っているので少しづつ借り入れさせて、徐々に大きくしていくような貸方をすることが多いので、人からお金を借りる習慣を作ってしまっている人はそんな場合に、なんの抵抗もなくつい借りてしまい、自分で思う以上に大変な事になってしまうことが多いと思います。

それを防止する為には、まずほんの少しの金額だとしても、人からお金を借りないという事です。
借りる事を習慣づけてしまうとどんどんと慣れてしまい、けして良い事にはならないと思います。

借金とは上手に付き合わないと

私は現在37歳になります。初めて借金をしたのは22歳の時です。
一般的な消費者金融である有名なアイフルに20万円を借りた記憶があります。
なぜ借りたか、パチンコで負けてしまって給料を家賃の分まで使ってしまったからです。

当時の家賃は5万6千円ほどでしたが、20万円まで借りられると聞いたら欲望に負けて全額借りてしまいました。
当然家賃を払い、のっこたお金でパチンコに行きましたが結果は散々でした。
次の給料まで食費分は残しておいたのですが、友達との飲み会に誘われ付き合ってしまい、食費もなくなってしまいました。

次の給料まで何日かあったのでどうしようか悩んだ挙句、5万位借りれたらなあと言う単純な気持ちで消費者金融のアコムに行きました。
そこでは10万円まで借りることができ、当初の予定である5万円を超えて10万円借りてしまいました。
こんなことを繰り返していくうちに、3年で消費者金融5社で230万ほどまで借金が膨れてしまいました。

パチンコ以外にもキャバクラや風俗に行きたいがために借りたこともありました。
金額が230万円にもなると利息分だけで月の返済がやっとでした。
そして、返済が遅れて私の収入では返すことが困難になってしまいました。

どうしようもなくなった私は司法書士に相談した結果、任意整理をすることになりました。
任意整理をすると今まで返済での催促に電話がなくなり、精神的にも楽になりました。
整理するに当たり、利息を多く払っていた消費者金融はお金が返ってきたりしましたが、司法書士への報酬などもあり、利息はかかりませんが、40万円ほどで任意整理することができたのです。

こうなると、どこもお金を貸してくれませんが、10年後のある日、どうしてもお金が必要になったので、ダメもとでモビットの無人契約機に行ってみました。
すると100万円までの限度額を頂き、10万円をその場で借りました。
以前の過ちを繰り返さないためにも必要以上は借りないと、心に決めたのです。

が、そこからまたパチンコにのめりこみ、負けが続いて現在借金が130万円ほどあります。
一度借りてしまうと、私のようになってしまう人が多いのではないでしょうか。
借りないことが一番良いのではないでしょうか。

借金癖を治さないと人生を台無しにしてしまいます

人と言うのは一人では生きて行くことができず、少なからずだ誰かのお世話になって生きているものです。
ですから人と人との人間関係は、何よりも大事にしなくてはいけないのです。
しかしある癖によって、その人間関係を壊してしまう事があります。

その癖と言えるのが、借金癖です。
借金と言うのは人生の中で何回かしなくてはいられない時がありますが、それが癖と言う段階まで達してしまうと、害を及ぼす事になってしまいます。
気軽に借りられるからと言って、兄弟や友人からお金を借り続けていると、大概人間関係を悪化させてしまう事になります。

兄弟や友人と言うのは、人が生きて行く為に欠かせない存在ですから、そのような人たちとに人間関係をおかしくしてしまえば、孤立無援状態になってしまうのです。

また借金癖がある人とは誰も付き合いたくありませんから、結婚すらすることができないのです。
この様に借金癖があると、人生にとって大きな損失となってしまいますから、カウンセラーなどに相談して、頑張って借金癖は治してしまうに限ります。